• 管理栄養士のはなえみが料理や手作りアイテム、子どものことを綴っています。

    お盆。

    年にある長期休暇の1つ。

    楽しみにしていたのだけれど、、、

    夫が病院で帯状疱疹だと診断され、寝たきり状態になりました。

    帯状疱疹は、幼少期に水ぼうそうになったことのある人は発症する可能性があるそうです。

    発症する原因は、過労やストレス、加齢などで免疫力が低下した時に、体内に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルス

    再び活動をし始め発症するのだと・・・

     

    帯状疱疹の経過と症状(夫の場合)

    【8/10(金)】

    夕方、左肩甲骨の下あたりにぷつぷつと発疹

     

    【8/11(土)】

    発疹が胸にも出てくる。

    発疹は肩甲骨から少し広がり、痛みも強くなる。

    病院へ行く。。。

    が、祝日で休み!!

    焦ったものの、休日診療所へ。

    診察で「帯状疱疹」と診断される。

    お薬は抗ウイルス薬1種を二日間だけ。

    休日診療は必要最低限の薬しかくれない。

    ここから夫の地獄が始まる(T△T)

    痛み止めを貰えず、どんどん発疹は広がり、酷くなる痛みに耐えるのみ。

    【8/13(月)】

    市民病院へ。

    病院では、アトピーの人もなりやすいと教えて貰う。

    処方薬は↓

    抗ウイルス薬(1種類)7日分

    痛み止め(2種類)7日分

    塗り薬

    痛み止めが効いて、痛みがましになる。

    夜は脇に大きなしこりができる。

    【8/16(水)】

    痛みからか、脈がいつもの1.5倍になっている。

    胸の湿疹のせいか、心臓が痛く感じる。

     

    湿疹はかさぶたになってきたものの、まだまだ治りそうになく、痛みに耐えて出社している夫・・・

    過労が発症の原因だから、休んで欲しいんやけどなぁ・・・

    治療が遅れると、痛みが後遺症として残ることもあるそうです。

    怖い病気やわ・・・

     

     

     

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です