• 管理栄養士のはなえみが料理や手作りアイテム、子どものことを綴っています。

    食べ物には旬があります。

    よく、『旬の時期が美味しい』と言われます。

     

    その理由は4つあります!

     

    ①1年のうちで一番栄養価が高い。

    ②美味しい(味が濃い)

    ③安全度が高い

    ④安い

     

    旬とは、その食べ物が、自然に成長して食べられるようになった時期です。

    例えば、今は年中見かける“ほうれん草”

    ほうれん草の旬は冬なんです。

    ほうれん草は、寒い環境の時に、その寒さに耐えるために良質な栄養素を取り込もうとするんです。

    しかし、夏は、暑さに耐えるために水分をたくさん吸収して、どんどん成長します!!

    成長のスピードは夏の方が早いんですね~

    栄養価を比較すると、夏より冬のほうが栄養価が2倍以上高くなるそうです。

    そして味も冬のほうが濃くて美味しくなります!!

     

    あとね、旬じゃない環境で育てようとすると、農薬や化学肥料など多く必要になってくるんだそうです。

    そらそうですよね~。

    育つはずでない環境の時は、野菜も元気がないでしょうし、虫もつきやすいでしょうしね。

    だから、農薬とかが多く必要になるんでしょうね~

    農薬や化学肥料などを使う方がコストがかかりますよね。

    旬の時期は、農薬などが使われない、使われても量が少なくて済む。

    だから安心度が高くなって、コストも低い!!

     

    旬の時期は良いことづくめ!!

     

    これから、ちょこちょこ旬の食材をブログに書いていこうと思います(^^)

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です