• 管理栄養士のはなえみが料理や手作りアイテム、子どものことを綴っています。

    11/18の夜、上の子(6歳)が急に

    「自分の人生ってなんやろう・・・何の為に生まれてきたのか分からない(泣)」と。

     

    この発言の前日に、

    「○○(真ん中)ばかり褒められるし、自分なんて・・・」と発言していたので、

    “もしかして、「人生ってなんやろう~」も

    真ん中の子と自分を比べて発言かな?”と思いました。

     

    ただ、真ん中の子と自分を比べて出た発言と決めつけるのもアカンので、

    気持ちを聞いてみました。

     

    母(私)「急にどうしたん?」

    上の子「・・・(無言)」

     

    ちょっと間をおいてから、私なりに考えた「自分の人生って何か?」の3つを上の子に伝えました。

    ①自分が死ぬときに分かること。

    (「生きてる間に「私の人生は〇〇だ!」と思う人もいると思っています。)

    ②お母さんも30年以上生きてるけれど、まだ分からない。

    ③あなたの人生は始まったばかり。

     

    私は自分が死ぬ時に、きっと「私の人生は〇〇やったなぁ~」って感じると思ったんです。

    ①を言った時は、目を丸くして“きょとん”と聞いていた上の子。

    けれど、②を言ったら、「え!?お母さんも分からないの?」と驚いていました。

    そして、納得したようでした。

    『人生これからだ』と。

     

    子どもの疑問に答えるのって難しい~(^△^;)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です